トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

私の宝物

お客の悪口を書くのが、もちろん目的ではありません。ただ、店頭でのやりとりを通して、今の世情をすこしでも伝えたい。そして、まだ間に合うと信じているから、みんなで、少しだけ世の中、良くしていこうというのがこのブログの趣旨です。ただ、問題が何であり、どこであるのかを、明確にする為に、「こんなこと言うてはった」「あんな反応してはった」「う~~~ん、ワカランわからん不思議な世界じゃ」

ところで、きょうは、とてもすてきな宝物の話。

近大付属福山高校のYOUNGが来店。山ちゃん、川ちゃん、岡ちゃんの3人組。それぞれ、山口大、岡山理科大、福山大に進学が決まっているそうです。「私は、数学の先生、数列と行列が好き」、臨床検査技師を目指す子もいれば、薬学部で薬剤師をめざす子もおります。

みんな  にこにこ、愛想笑いじゃない、本物の笑顔。すがすがしい。
晴れ晴れとしてて、こちらまでぐ~んと若返る気分。久しぶりの気分です。ちなみに、変な日本語も使いません。

お店ではちゃんと万華鏡の話を聞いてくれ、また後でおいでということで、回教寺院、風見鶏の館、北野天満宮へ、送り出しました。

約束通り5時前に帰ってきた彼らに、一番知って欲しい地震の話。そして歩いて1分の地震の現場、といっても悲惨なままの現場はもうありません。更地の、基礎のコンクリートがむきだしの、3人の犠牲者がでた現場。もちろん、そこらじゅう、ありとあらゆるところに、現場があるのですが、一般の観光客は、知らない、知ろうともしない。

彼らは、メモこそ、とらないが、その分むしろ、より熱心に私の話を聴いてくれました。私の話も、私自身もが、彼らのからだの中に、脳ミソの中に、沁み込んでいくようでした。

どう理解してくれたかは、彼らの反応を待つまでもなく、なぜならすでに私と一体感があり、あえて「わかってるの」と、聞く必要を感じなかったのです。

お昼も食べていないという彼らに、川村のおっちゃんの本物の神戸コロッケを案内しました。20分も話込んでいたようで、1個のつもりが、ほかほか、あつあつのコロッケに思わず、3個ずつ食べたそうです。だって、おじちゃんとおばちゃん(実は、林家パー子さん似)60年以上コロッケ揚げてるんだもん。もちろん、植物油で、じゃがいも使って・・・そんな当たり前のことが、今では、自慢です。

デザートは、元町ケーキ、3人で2こ仲良く食べました。ラムケーキにチャレンジ 川ちゃん「のどがあつーい」とか、ワアワアいってましたねぇ。

チャイナタウンでは、岡ちゃんが、「キョンシーの帽子欲しいけどどうしよう」と、ほのぼのと、みんなにからかわれていましたねぇ。

それから、インド亭

福山には、ないかもしれないので、一応インド料理になりました。ここで、ひとまずお別れ、3人でホテルまで帰れるかなぁ?

山口出身のEさんを拾って、今度はホテルへ、全員無事帰っていたのですが、彼らはまた会えると思っていなかったので、ちょっとびっくり。 「おーい、やろうども(女の子だけど)、でかけるぜ!!」

三宮のネオンに驚き、ポートタワーの美しさにぽーっとなり、違法駐車の列が、ほぼ1車線つぶしていることを、都会は、車が多いと理解し、数学の山ちゃんは、「信号の形が違う、兵庫駅のと、三宮周辺のは、ちがう、福山のとも違う・・・・ プロみたいでした。」

やはり、夜も人が多いとか、福山には、大丸のように大きなデパートがないとか(そごうがなくなたので)、ちょっと都会にあこがれてるかな。

でもね、都会にはね、あなたたちのように、純粋で、いっしょにいるだけで、心あらわれるような・・・ 楽しいときを、屈託のない笑顔で過ごせるような人は、絶滅寸前なんだよ。 「やろうどもいくぜー」って、言った時に、なんのためらいも、計算もなく、これからどこへ行くんだろう、何があるんだろう、ただそれだけのすばらしい感性。ワクワクドキドキ。人を信ずることを、よく知っている。

山ちゃんが言ってたなぁ。「家に電話しといたの?」と聞いたとき、「うちの親は、そういうことを望んでいません。でもホテルに着いたら、しとこうかな。でも親、もう寝てるかも。」

彼女は、一番若い17歳、あした18歳の誕生日を迎えるそうです。
18歳おめでとう。あなたたちは、私の宝物です。あなたたちのおかげで、わたしは、とてもしあわせな気分を味わえました。

あなたたちの未来が、暗いはずがない。世界とともに、あなたたちの未来が、よりFRUITFULでありますように。

今日は、ほんとうにありがとう。

またいつでもおいでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道写真家から:2004年12月

リンク: 報道写真家から:2004年12月.                  

「いまの世界を、簡単に表現すると、『世界人口の20%が地上の富の80%を独占し、底辺の20%が世界の総収入の1%を分け合っている』ということになる。」

だからどうなんだ。どうしろって、言うんだ?
おれのせいじゃない。わたしに何ができるの?

はい、何もできません。ほとんど何もできません。

でも、そのことを知っているのと、興味すらもたないのでは、自ずと未来が違います。だって、平行ぽい線の出発が1mmずれたら、その先では、何メートルも、何百キロもずれてくるでしょうから・・・

行ったことはないけれど、アウシュビッツでは、こう書かれているそうです。

「知らないことは、忘れられない」

150万のユダヤ人が、ナチス・ドイツに虐殺されたことを、みんな知ってください。そして、今のドイツ人を恨むのではなく、不戦を誓い、みんなの未来のために忘れてください。

「忘れるために知る。」  

わたしは、ぼけていくので、ほっといても忘れますが、積極的に忘れるために、知ろうとする。こんな素敵な姿勢をわたしは、みたことがない。

みなさんと共有したい、今日の新しい視点です。

「知らないことは、忘れられない」

「知ってください、そして忘れてください」

<参考>

アウシュビッツ収容所

http://homepage2.nifty.com/skynewton/
europe/oswiecim.html

ロッティー・バイスさんの奇跡

http://www.nichigo.com.au/topics/spe/
2005/0508_history.htm

日本のアウシュビッツ

http://www.am-j.or.jp/index2.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児童施設サポート|日本救援活動

リンク: セカンドハーベスト関西 | 児童施設サポート|日本救援活動|セカンドハーベスト関西|恵まれていない人々に支援|関西ボランティア. こんな地味なことしてる。いいな。大切だなぁ。

参考:http://www.craicpot.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごみブログよ さようなら

ブログを日記と思っている人が多いようです。特段に有名でもない人が、何を食べたとか、どこに行ったとか、誰が、興味を長く持ち続けるというのでしょう。 NOです。NOです。勘違いです。

脳みそを鍛え、鍛えられる場なのです。

ブログは、真剣に学べる、教えられる、そして、教える場だと思います。世のなかには、いろいろ達人がいて、学ぼうとする視点からは、ブログの世界はとても役にたつのです。

本音で意見を発表する、判断するための情報をながす、世界を、地球を共有する。このための真摯な手段だと思うのです。報道より、より正確な本当のことを、教えあう場だと思います。

参考 「報道とは、戦争や飢餓で苦しむ人々のことに関心を向けさせないためのものだ」と。
まさに、その通りだと思います。

メディアは、戦争や飢餓について報道はしますが、その報道が、いまひとつ現実の出来事と感じないのは、ニュースを見る側に問題あるのではなく、報じる側に問題があるからです。

ニュースは必要に応じて、「加工」されています。
スーパーの不当表示みたいなものです。
「和牛」と「国産牛肉」はどう違う?
ニュースも同じなんです。
消費者が賢くならなければ、必ず損をします。

意見のないブログは、ほぼ価値がない。きょう食べた物しか発表できないのは、意見のないひとの常套手段です。これでは、書く人も、読む人もエネルギーの無駄使いです。その人は、わたしのように、すてきなブログを、紹介するブログを作って、その中で意見を形成していけばよいのではないでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/leonlobo/e/
ace2d614e17cce48f25a2f9d92be4a8b

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スーダン・ダルフール危機 - チードルとルセサバギナからのメッセージ

リンク: スーダン・ダルフール危機情報wiki - チードルとルセサバギナからのメッセージ.  映画「ホテルルワンダ」関連は、ここ。 ACTION SPEAKS LOUDER (ことわざです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインの列車テロ

リンク: 報道写真家から. 興味を持ちたいね。少しづつ、賢くなれれば、間に合うかも?今朝もテレビで、中国は日本との戦争は避けれないと考えている、と。核を使えば、日本はなくなるんだって。人口は、10倍、国土は、・・・ 

映画「男たちの大和」は、とても凛々しく、潔く、自己犠牲に誇りを持っていた。その良し悪しではなく、ともかく毅然としていた。つまり、さむらいであった。

なよなよ、へらへらすんなよ。 ピシットパシットしようよ。 1回切りの人生じゃん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヨルダンのホテル爆破

リンク: 報道写真家から:ヨルダンのホテル爆破は、天井に仕掛けられた爆弾か.

なんだかピンときません (りさ)
2005-11-20 17:52:31
テロとか自爆とか、私にとってそれらはテレビの中で起こっていること。
知らないどこかの遠い国の遠いお話しだと思ってしまう。
でもこうしてプロフィールを知る人物が書いているのを目にすると
途端に事件が身近に感じられ怖くなってしまいます。そしてテレビのニュースで伝えられてることは、
必ずしも事実ではないのですね…。
これからもここでいろいろ勉強させてください。

りささんへ (中司)
2005-11-21 08:18:06

ようこそお越しくださいました。
僕も日本に帰って時間が経つにつれ、だんだんとニュースの現実感がなくなってきます。まるで自分とは縁のない事件のような気がしてしまいます。そこが、怖いところです。

誰かが書いていましたが、
「報道とは、戦争や飢餓で苦しむ人々のことに関心を向けさせないためのものだ」と。
まさに、その通りだと思います。

メディアは、戦争や飢餓について報道はしますが、その報道が、いまひとつ現実の出来事と感じないのは、ニュースを見る側に問題あるのではなく、報じる側に問題があるからです。

ニュースは必要に応じて、「加工」されています。
スーパーの不当表示みたいなものです。
「和牛」と「国産牛肉」はどう違う?
ニュースも同じなんです。
消費者が賢くならなければ、必ず損をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭のいい人がいてよかった。

本当に頭がいいというのは、東大を出ているかどうかではなく、判断できるということだ。判断するというのは、正しい情報を持っているということだ。正しい情報をGETできるのは、アンテナを多岐にわたって伸ばしているということだ。その意味でこの人は、とても頭がいいと思う。あたまは、悪いより、いいがいいに決まっている。ばかは、だめなのです。みんなで学ばせてもらおう。

http://blog.goo.ne.jp/leonlobo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝からhippoかよ

きょうはしとしと雨なのに
朝からうそつきが来た。「教育委員会のポスター貼らしてください」「内容はなんですか?」「はい、講演会です」「じゃ、見せて」・・・・・・「これ、hippoやん、このうそつき、帰れ!」 もちろん教育委員会も好きじゃないけど、hippoは同じくらい嫌い。
前に、会社にhippoの信者がいて、とても勝手で、hippoいのちの若いお母さんがいて、とてもとても迷惑した経験があるのです。

7か国語できて、たぶんほとんどの人ができないし、必要ないと思いますが、それでどうなるんですか?日本語は大丈夫ですか?アイデンティティである日本語より7か国という数がたいせつなのでしょうか?それならはっきり間違っています。

少なくとも、英国、アメリカ、オーストラリア人はみんな、英語ぺらぺらですが本当に、優秀な人はわずかではないのですか?

ともかく、日本語、そして垂れ流しの、受身のテレビではなく、イメージがふくらむ落語と読書、基本のしつけとあいさつ  思いやりのある子どもになるために7か国という数字は関係ないのですよ。だって、じゃ10か国の方が、もっといいですから。  参考 国家の品格    新潮新書 藤原正彦 (著)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南京町路地裏便り

リンク: 南京町路地裏便り.わたくし流に

な なんでやねん
ご ゴリラちゃうねん
り リスやねん
ゆ ゆうたもん勝ち
き 気にしない

長野から 5年もたたず リンクでも 勇気をもって 金メダル

| | コメント (1) | トラックバック (0)

★ 医学部を目指す浪人生の母の日記

-リンク: ★ 医学部を目指す浪人生の母の日記 (T_T) ★: ● あれから色々ありました。(^_^;) 2006/3/8.ここには、必死というより、「3丁目の夕日」のようなノスタルジーを感じます。つまりライターのお母さんの飾らない正直な気持ちが、伝わってくるのが魅力です。
ただ、仕方なく早稲田というのは、なかなか世間の人からは、「かっこつけちゃって?」と揶揄されかねないのではないでしょうか。

基本は、大学も会社も結婚相手も社会的地位の有り無しも
すべて、大きな川の流れの中、なるようになるし、また、その行き着いたところこそが、運命なので、自分がまあ満足できれば、ほどほどでいいということでしょう。
川の中にいて、もまれていると、わけわからなくなりますが、そのうち流れも穏やかになり、ひと息つければ、違ったものがみえてくると思います。たとえば、まわり道したことにも、意味があったんだ、とか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

考古学って

京大の時枝先生が来られました。早稲田の吉村先生とエジプトに何度か行かれたそうです。よく勘違いされるそうですが、化石(fossil)を掘るのは考古学(Archeology)ではないそうです。遺物(remains, relic)を掘って探すのが考古学だそうです。確かに・・・ 氏はすばらしい変わり者で、京都の御池から京都駅まで約1時間半、毎日、往復歩いていらっしゃるそうです。ガッツだぜという感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娼婦でもいい

こんにちは。こわいおじさんですか。。。昭和にはいたんでしょうね。レッドデータブックに載ってるかも。人に物申すことができるのは、完璧な人???いつまでたってもぐるぐる回り続けてるメリーゴーランドな自分にはどう言ってくれるのかなぁ

名前: TIHORI | 2006年3月12日 午後 02時39分

今日は、雨
降ったり、やんだり、雨いそがしい時、店はひま。

目がまわるまで、まわりましたか? NOですね。だって、PCに向かってるから。
人は、いくつになってもまわっています、地球と共に。完璧とかないのです。良い悪いで判断する必要がないのです。じゃ、・・じゃどするのかですね。つまり好き嫌いで判断すればよいのです。極端に言えば、娼婦がいいか、悪いかではなく、娼婦になりたいかどうかです。今日は、ここまで

大丈夫、みんな悩んでいるのですから。

名前: 神戸名物 | 2006年3月12日 午後 03時24分

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東方より3愚人来たる

きょうもまたバカが来た。3バカ。3人の女バカ。

東京から大学の卒業旅行(推定22歳)だそうだ。ほとんど、こちらのいうことは聞かない。いつものバカパターン。

3人だけでしゃべろうとする。じゃ、外でどーぞと思うのだが。

あのね、神戸のことも、万華鏡のことも、これから出て行こうとしている社会のことも、ぼくの方が、きっと詳しいと思うのですが・・・

神戸で6000にん以上の人が死んだんだよ。あなたたちは、どーして知ろうとしないの?どーして興味をもてないの?ばか???

どーして?そんな人ばかりで、どーして、日本が、世界がよくなるの?バカばっかりで。

そのあとは、いつもどーり、3人とも切れて、(参考までに、切れやすく、いつもきれるのは、女性です。なぜなら、最近の男は、切れるにさえ至らない。なよなよ、へらへらしてらっしゃるのです。) おかしいのは、おっさんの方で自分たちには、すばらしい未来が待っているように、外に出てからは饒舌(じょうぜつ)に声のボリュームも倍ぐらい(他人の悪口だからね)になっていました。一言も中ではしゃべらなかったのになぁ 理科の反作用の実験みたい。つまり小学生レベルってことね。

「人の話が聞けない人は、残念ながら、伸びる可能性はとても低いのだよ。ほんとに・・・」でもこれは、わたしの心の中の声でした。だって、すぐ切れて、出て行っちゃうんだもんね

だれか、アロンアルファ持ってきて!! グスン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WHERE ARE YOU FROM?

お店で、FRIENDLYに 「どちらからですか?」と聞くわけです。すると「北海道」「沖縄」と遠い人は、即座に答えてくれるのですが、大阪、京都は、曲者(くせもの) ムッとして答えてくれないのです。何故、何故ですか? きっと言えない理由があるのでしょう? 殺人を犯していて・・・とか? でも何故ムッとするの? みんな、おかしいんじゃないの?

兵庫の人は、みんな近所とうそつくのは、なぜ? ここは、北野ですよ。明石や西宮、はたまた姫路、尼崎まで近所 そんなわけないでしょう。もちろん、アンドロメダから見れば、近所だけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »