« おまえの脳みそエイズ | トップページ | ITより思い出にあい(I)てい(T) »

世界は無理なので、自分を変える

他人の家に上がるなら、少なくとも靴を脱いで上がるくらいの常識と礼儀は持ち合わせて来て欲しい。
申し訳ないが、うちは土足厳禁なもんでね!


自分で靴が脱げない甘ったれのお子様は、私の所ではなく靴を脱がなくても上がれる所に行けばいい。
もしくは、いつまでもママのオッパイにしがみついて、おとなしくして自宅にいればいい。

リンク: 特殊清掃「戦う男たち」:2006年7月2日.

    

ブログをわたしの家と表現されていますが、同感です。わたしの店(万華鏡ミュージアム)でも、下品だったり、無礼な振る舞いは、許しません。即刻、退出してもらいます。

おとなだろうが、こどもだろうが、思ったことを言いあえばいいのです。

これこそが教育です。社会(学校や家庭以外で)が、相互に教育をするということです。ともに育つ、共育です。この視点が、戦後つまり第2次世界大戦後、崩壊し、町内のこわいおじさんがいなくなり。結果、エゴおとな、エゴこどもを大量に排出してきたのです。

こころざしの代わりのものさしが、お金でした。これは、教育におけるテスト重視主義と同じでしょ。つまり、プロセスがどうでもよくなり、だれにでもわかる、試験の点数と、お金の量がものさしになったのです。

残念なことは、物事を解決する力や、お金にも通じる道徳や、弱いものに対する思いやりのこころは、計れないという貧しい発想の下、木っ端微塵に吹き飛ばされてしまったのです。

計れないから、要らないのでなく、計れないからこそ大切なのです。愛や生命は、常に思いやりのこころとからみあっているのですよ。

比叡山の酒井雄哉大阿闍梨(千日回峰行を戦後初2度成し遂げられた)に10年前にお会いした時、「今の日本の教育がおかしい。」「50年、間違ってきた。ただ、これを正すのには、3倍の時間がかかる」と。

より多くの人間が、覚醒し、良き発言を増やすことで、少しでも、短縮していこう。良き発言とは、相手のことを考えて、あえてもの申すという程度のことである。世界一のヒーローを目指すものではない。

もの申すことができれば、少しだけ変わる。

|

« おまえの脳みそエイズ | トップページ | ITより思い出にあい(I)てい(T) »

伝えたいこと 次の世代へ」カテゴリの記事

コメント

初めまして

千日回峰行で記事を書いてみましたので、TBさせていただきました。
よろしくお願い申し上げます。

より多くの人間が、覚醒するといいですね。

投稿: 湖南 | 2006年7月 8日 (土) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137716/10767393

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は無理なので、自分を変える:

» 千日回峰行 [アヴァンギャルド精神世界]
◎見返りを求めない 人生そのものに対する深刻な疑問で満ち満ちている時ならば、石にけつまづいても、頓悟のきっかけになることがある。いわんや千日もかけて、回峰行をするのであれば、必ずや悟りを開くのだろうと「千日回峰行/光永覚道/春秋社」を読んで見ましたが、そういうエピソードはなくて、がっかりしました。 峰を歩くのは大変だとか、回峰700日を満行してから、堂入りの行(明王堂参籠)と呼ばれる9日間の断食、断水、不眠�... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 15時38分

« おまえの脳みそエイズ | トップページ | ITより思い出にあい(I)てい(T) »