« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

防空壕

つばきのおじさんに家に連れて行ってもらった。とても古い家で13室ある、たいそうな豪邸でした。ただ、とても人は今は住めない。なぜなら、屋根は朽ち(くち)床はところどころぬけているからだ。

「なぜ?」

神戸の地震のせいだ。

それ以降、ここには住んでいないそうだ。

それにしても豪華だ。おふろには、湯船が二つもあり、なかでも一番驚いたのは、敷地の中に、防空壕があることだ。敷地が山肌に接しており、そのやまの中に向かって防空壕が掘ってある。中は暗くてよく見えなかったが、一瞬にして60年ぐらいタイムスリップした感じだった。

玄関は、総大理石、張りぼてでない本物、そして、ゲートから玄関までは、ブッシュの中を歩くのだが、5分はかかっただろうか。

さて、一番すごいこと・・・

アンコールワットの「象のテラス」に似たその場所で

http://www.tamagoya.ne.jp/cms/angkor/archives/2006/06/26.php

http://asia.infopos.net/pages/000128.html

おじさん、このバルコニーの下は、駐車場?」

「そう、むかしは、ここに人力車が10台は停まっていたよ。」

・・・・・

目の前に、うっすらとその光景が見えるような、きのうの午後でした。

諏訪山の上り口から、すぐのところでした。

残念ながら、外からは何も見えません、悪しからず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »