« 人間なんて | トップページ | 母からのSOS ー前ー »

震災の日に

神戸のメリケンパークには、地震の時に、
壊れた岸壁がそのまま保存されている。

その岸壁の手前に、おじいさんとおばあさんが、
やっている喫茶店があった。
残念ながら、過去形である。

その喫茶店で、ランチをとっていると、
見知らぬおばあさんがやって来た。

常連さんらしく、二言三言挨拶をしたかと思うと、

喫茶店の老マスターから、ビニール袋を受けとった。

なにやら、いっぱい入っていて、おばあさんは、
ランチを食べるでもなく、コーヒーを飲むわけでもなく、
そそくさと出て行った。

少しして、わたしも喫茶店を後にした。

外に出ると、青い海が目の前にひろがり、
岸壁から、さっきのおばあさんが、
なにやら、しきりに海に向かって投げているのが見えた。

おばあさんは、パンのみみを、ひとしきり
海にまいたあと、1枚の紙を海に流した。


「おばあちゃん、海汚したらあかんやん!」


すると、おばあさんは、力のない声で、

「ご主人が、地震で亡くなったこと」

そして、

「その人は、むかし船乗りだったこと」

そして、

「夢を見たこと」

「夢でご主人が、カモメになって、帰って来たこと」

だから、「海に 浮かぶたくさんのカモメに
パンをあげていたこと」を話してくれた


「でもなぁ、おばあちゃん、

紙は海に捨てたらあかんで」



「わたしな、毎日主人に手紙書いてんねん

でも、どれが、主人かわからへんねん」



ここ何年もおばあさんを見かけていない。

船乗りのだんなさんが迎えにきたのだろうか?

                                     

おばあちゃ~ん



2006/6月のブログを再掲しました。

|

« 人間なんて | トップページ | 母からのSOS ー前ー »

ラブレター 出した もらった」カテゴリの記事

コメント

僕も震災のちょうど一年後に神戸に行きました。
新しい建物も建ち、ずいぶん復興していたように見えましたが、ひび割れた壁にベニヤ板を貼り付けているところもあり、まだまだ傷跡は隠せないようだったのを覚えています。
それ以上に震災に合われた人たちの心の傷跡は深いものなのですね。
心の傷は目には見えません。
どうすれば癒されるのでしょうか。
悲しい話ですね。

投稿: るぅてし | 2008年2月18日 (月) 19時35分

悲しい出来事ですね。目頭があつくなりました。

震災の後から始まる新たな人生に翻弄されながら、今日

に生きていらっしゃる方の一ページを見た思いです。

投稿: Midorin | 2008年1月31日 (木) 15時52分

メリケンパーク・・・昔の素敵な思い出があります。
でも震災以降はそこへはまだ行っていない私です。

おばあさん・・・せつなすぎますね・・・このお話。
胸にぐっと来ちゃいますよ。

1月17日・・・たいへんな日でしたね。
今生かされている人・・・皆で頑張って生きていきましょう。

投稿: ビオラ | 2008年1月27日 (日) 21時18分

とてもせつない話ですね。震災の事もみんないつまでも忘れてはいけないし忘れられないなって思います。

投稿: angelina | 2008年1月25日 (金) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137716/17727172

この記事へのトラックバック一覧です: 震災の日に:

« 人間なんて | トップページ | 母からのSOS ー前ー »