« 電車に揺られながら -2- | トップページ | 父からのSOS -4- »

座薬からのSOS -3-

近づいて見ると、父は後部座席に

弱々しく横たわっていた

医者も診察室からかけつけ、脈を診ると

看護士さんも車椅子を持って来てくれた

あわただしく時が過ぎてゆく



女性ばかり3人の看護士さんが

父を車椅子に乗せようとするのだが

ほぼ意識のない父は、体重こそ50kgぐらいだが

ただの人形のようで、なかなか、うまく出せない



弟と二人で

ちょっと強引に父を車から引きずり出した

山の上なので、気温は零度近い

あわてて診療所の中に運び込んだ



「熱、はかりますね」

看護士さんが体温計を脇に差し込んだ

しばらくして


「39.3度ありますね。熱の為に

朦朧(もうろう)としているんですね」



えーっつ!!そんなばかな

だって、全然おでこも熱くなかったのに

だが、体温計は、うそをつかない

ひとまず、座薬で熱を下げることにし

点滴も3本受けることになった



医者からは

インフルエンザは、検査したが

陰性なので、原因がわからない

明日までに熱が下がらなかったら

大きな病院に紹介状書くから

あす朝、また様子を知らせてください

とのことだった



それから、1時間熱は全く下がらなかった

医者も、ちょっと不安げだったが

看護士が



「ひょっとして、座薬出ちゃってるのでは?」


その一言で、オムツがあけられ


「あっ、まだ入ってますね」



というわけで、熱を下げるための点滴が

もうひとつ増えた

そして、また1時間がすぎ

医院の閉まる時間にもかかわらず

医者も看護士も延長してつきあってくれた



熱も下がる兆しが見えてきたので

あす朝必ず報告するということで

真っ暗になった医院を後にした



もうひとりの末の弟もかけつけていたが

みんなで、実家に帰り

まだ意識朦朧としている父をふとんに寝かした



今晩がヤマ場であることは

みんなが口には出さないがわかっていた


|

« 電車に揺られながら -2- | トップページ | 父からのSOS -4- »

家族に関する 原点っていうか」カテゴリの記事

コメント

読者登録して下さいまして有難うございます。
何かと大変なときでいらっしゃると思いますが、
どうぞご自愛くださいませ。
介護は、される側よりも、
する側の方が元気じゃないと務まりません。

お祈りしております。

投稿: Ms gekkouinn | 2008年3月17日 (月) 20時39分

私にも要介護4の父がいます・・

どうされたでしょうか・・・
もう3月です。のりきられたでしょうか?・・・
うちも2月、父が肺炎をおこしかけました。
なんとかのりきりました。なんかひとごとではなくて・・

投稿: | 2008年3月12日 (水) 18時43分

このブログの更新を楽しみにしております。
頑張ってください。

http://diary-english.seesaa.net/
もしよろければ相互リンクさせて頂ければ幸いです。

投稿: diary-english | 2008年3月 2日 (日) 17時06分

僕にも父がいます。父は元気ですが、父が病気になると考えるととても悲しくなります。気持ちごっつわかります。
よくなるといいです。

投稿: カサマレマレ | 2008年2月22日 (金) 14時43分

祈っています。

投稿: がんこ | 2008年2月21日 (木) 23時59分

こんにちは。読者登録ありがとうございます。
いきなり、重い内容で、驚いてしまいましたが、
乗り越えられるよう、お祈りしています。

投稿: sachi | 2008年2月21日 (木) 22時43分

大変で不安でしょうけどきっと乗り越えて
元気になれるって信じて下さいね。

投稿: mikomiko | 2008年2月21日 (木) 14時47分

闘ってるんですね?
がんばれ~!

投稿: そこの猫 | 2008年2月21日 (木) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137716/40158262

この記事へのトラックバック一覧です: 座薬からのSOS -3-:

« 電車に揺られながら -2- | トップページ | 父からのSOS -4- »