« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

待望生活


金満 MONEY にあぐらをかいてきた


日本、日本人

戦後のどさくさの時代や、

復興を遂げたころではなく 

まさに、昨今の日本



金のある国として、

「JAPAN  AS  NO.1」 とか言われて

うぬぼれて、ちやほやされ、自分を失ってしまった民



堀江もんとかが、「金で買えない物はない」 とやら 



とほほ・・・



上から目線の日本



先日の アフリカンサミットの折にも

まだ、ましだと思っていた、

元 財務大臣 の 塩川正十郎 いわく

日本が、アフリカに 

農業を教えないといけない と テレビ で

大上段に 構えて、ほえていらっしゃいましたが



日本の食糧自給率って、39% じゃなかった

農業政策失敗した国が、何を教えるんだろう

こうしたら、失敗しますって ことかしらん



いつもは 塩川さんは、大好きですよ

歯に衣(きぬ)着せず、小気味よくて


塩川語録より

・「母屋でおかゆをすすっているときに、離れですき焼きを食べている」

(一般会計が赤字を削っているのに特別会計で浪費していることを揶揄した表現)

・「国民年金だけで議員は生活できると思うか?」と質問された際に「ほんなん、できるかいな。

ぼくら(議員)はあんたら(国民)と生活のレベルが違うやないか!

(毎月)100万かかるよ。みんな、人間平等だと思っていたらとんでもない間違いだ。」

と発言している。

いいじゃない、歯切れがよくて



この辺が、まことに「すばらー」(なべあつ風に・・) 

正直でいいじゃんねえ



ともかく、「教える」「教える」って、ほざいている暇に

何を『学べるか』考えたらあかんのやろうか



ガソリンに、始まり、 

やっと日本人が目覚め始めたのかな

日本って、お金でも 金持ちじゃないのでは、と



それで、それでも、大丈夫になりたかったら

これからは、 今まで、もしくは、今でも、

虐げられている、アジア や、アフリカ、 

アメリカインディアン、 オーストラリアのアボジリニィ、 

エスキモー、 アイヌ、 在日の人たちの

気分になれる、いい機会かも



しいたげられても、虐げられても、

底辺で生きていければいいのです。

底辺は、 悪くはありませんよ

大上段だと、 不安定ですが、

底辺は 常に 安定していますから




耐乏生活は、待望する生活かもしれませんよ

ガソリンが高いなら、自転車に乗ればいいのだし、

こっちのほうが、健康面でも 上です。

粗食になれば、 メタボ も減り、

食料を無駄にする習慣も 止められるでしょう。




コンビニはもちろんいらないし、

じじ・ばば の雑貨店が復興したら、

うれしいな

こどもたちまで、生き生きしてくる予感がします




お願いだから、お正月も、みんな休んでね

でないと、気分でないし、 

保存食としてのおせちの意味がない




懐古趣味かも知れないが、なにより、

地球は人間だけのものではないし、

勝手に 排出権取引なんぞ決められても、

たぶん、GAIA としては、

なにもありGAIAたくないと思うのですが・・・




人間の身勝手に、気がついた人から、

悪の連鎖から、いち抜けた をしていけばいいのです。

仮にそれが、少数であったとしても・・・



だって、大海の 水も一滴から なのですから



さあ、 いち抜け しましょうよ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ごちゃごちゃ


ちょっとうつむいて仕事してて、顔を上げたら、

そこには、お客らしき人、ふたりが、

万華鏡 まさに、撫で回している。



「すいません、 おふたりで 200円ですが・・・」

きょとん、金払わない 光線 バリバリ ビーン




「あの、 おふたりで 200円ですが・・・」




・・・・・・・





「なんで?」




「お一人 100円なので、 200円です。

ミュージアムですから 」




「じゃ、 いいです」




「ちょっと、待ってくださいよ。 

撫で回して見てから いいですは ないでしょう。

映画見てから じゃあ いいです 

なんて人いないでしょうに」




「でも、知らなかったから・・・それから

言い訳 いいわけ 言い訳・・・・・・言い訳」




100円のために、言い訳 いいわけ 言い訳




「あのね、どうぞ、お金払って、見てください

どこから 来はったんですか?」




小学校5年生ぐらいの男の子が「ポート・・」




お母さんが ピシャット

「いらんこと言わなくていいの」




「あのど~したんですか?」




親子のバトル・・・




男の子

「ごちゃごちゃ言うんだったら

帰ってもいいですか?」

・・・・・・・・・・・・とぼくに





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






「帰るのは、自由ですよ」




ぼくのこころの中では、

『でも、ごちゃごちゃ言っているのは、きみの

お母さんのほうですが・・・・』




『あと、親も親なら、子も子ね

大人に「ごちゃごちゃ」はないだろ』





同じ、暑い きょうのできごと




元町のまちかど万華鏡ミュージアムにも、 

岡山から 50歳ぐらいの白髪混じりの

塾の 経営者が・・・





「いやー楽しませてもらいました。 

100円 というのもいいねえ。 

あなたが、一生懸命説明してくれるのだから

100円でも、チャージするのはいいねえ。

そこが、気に入った」 と、




「ただじゃ だめだと・・・

だって、こっちにも生活があるからと・・・」




2300円 の 万華鏡 買ってくれたとさ




『ありがたいな』

気持ちが、ありがたいなあ




買ってくれて、もっと、ありがたいです。




人として、 自分以外の人のことを、

考えられる人がいいなあ



どこかと、すべての教育委員会

『聞いてるか!!!!!』



やっと「教育は死んだ」という人が増えた




よかったじゃないか

腐った教育は、死んだほうが




比叡山の千日回峰行 満行者

酒井雄哉大阿闍梨(さかいゆうさい だいあじゃり)

と、15年ほど前に お話した時にも、




日本の教育は、間違えましたね。

これを正すのには、3倍の時間が

かかるでしょうね とおっしゃっていました』

戦後60年として 180年か  う~~ん



酒井雄哉大阿闍梨 の ホームページ

http://www.sakai-yusai.com/yougo/yougo.html


酒井師が 生きてるあいだに会いましょうよ!!

希望者は メールください。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

任天堂・ソニーの社員に告ぐ


社員のひとへ



生活もあるんだろうけど、



多分

ゲームとかのせいで、子どもや

若い人がだめになってない???




しかも、世界中の・・・・・




もし、そう思うんなら、潔く辞めたらアカンの

これ以上、異常な事件が

増えないほうがよくないでしょうか?





よしんば、全く関係ないとしても、

天下のソニーや、マイクロソフトが、

ゲームに頼らないといけないわけ??





なんか、この辺からおかしくないですか

ぼくは、場末の、しがない、万華鏡売りですが、

そんなに悪いことはしていない自負があります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸からの手紙

 ┏☆。・'*:.─────────★────┓
   ┌──┐              
   │\/│ 『神戸からの手紙』    
   └──┘              
        vol.01 2008.06.30    
                     
 ┗──――★────────。.'゜*:・☆┛


♪パンパカパ~ンパンパンパンパンパカパ~ン♪
漫画トリオの  横山ノック・フック・パンチで~す   

☆.。*・★.。今週のハイライト。.★・*。.☆

 
ガリレオクラブのみなさん
万華鏡ミュージアムのお客さ~ん
神戸名物の読者のみなさ~ん
袖摺りあった、たくさんの知人
少数の友人の皆様


きょうから、恥ずかしながら、
『神戸からの手紙』 を
お届けします。
月 2 回 ぐらい、配信できるといいと思います。


日ごろ思っていることを、
まだ、形にできていないけれど、
こんなこと考えてるねん、とか
こんなんで、困難してるねんということを、
共有したいと思います。


もちろん、全く役に立たないこともあれば、
キラリと光ることもたまにあればいいなあと思っています。


そこで、きょうは、記念すべき第1号
早速、キラリとした話題を・・・・
まずは、灯台の話から・・・キラリ、キラリ


┌┐
└■  『おいら岬の♪~♪~♪』  5分ほどつきあって下さい
 
http://jp.youtube.com/watch?v=1O0YsyLihqE

┌┐
└■  『喜びも悲しみも幾歳月 - 1965歌詞』  3分ほどつきあってみて
 
http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/yorokobimokanashimimo.html


下まで見てください・・映画のところは見れないよ。

最後まで聞いてください



映画監督の木下恵介は最高です。
近年亡くなりました。(1998年 享年86才)
もう、何年も前から
今の日本には、木下恵介の映画が必用だと思っています。


┌┐
└■  『記念樹』 5分ほどつきあって
 
http://jp.youtube.com/watch?v=S95XDPPbE34&NR=1


この主題歌も、今も覚えています。いいなあ


奥さん役には   春川ますみ
説明する池貝先生   馬渕晴子
おじさんって声かける  山口 崇
とか、もういっぱいです。


┌┐
└■ 『木下恵介アワー』 子どもの田村正和や・・・
トップページに行くと他のドラマも
 
http://syowa40stvdrama.okoshi-yasu.com/page015.html



ところで、渥美清で一番好きなのは、
こどものころテレビでやってて、すごい楽しみだった。
これは、主題歌だけだけど、このタイトルで、
1時間番組だったかなあ。
歌詞がいいでしょう。


┌┐
└■ 『泣いてたまるか』
 
http://jp.youtube.com/watch?v=t0Xgon091sg&feature=related


最初の笛はオカリナやね。


もうひとつは、『どてらい男(やつ)』を探していてみつけた。
辺見エミリーさんのお父さん、西郷輝彦の


┌┐
└■ 『この雨の中を』
 
http://jp.youtube.com/watch?v=O5BJzHZs8I0


懐メロ 特集でした。
たまにはいいかも。



┌┐
└■ もうひとり気になる監督

『松山善三』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%96%84%E4%B8%89


そして、すばらしい監督作品
『名もなく貧しく美しく』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%8F%E8%B2%A7%E3%81%97%E3%81%8F%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8F



よかったら、感想くださいね。
なお、配信を止めたい方はこちらへご連絡下さい。

配信希望の人もどうぞ・・・・・・これは通常は
メルマガ形式でお送りしているからです。

info@galileoclub.org



 【編集・発行】
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 世界をまたに ちょっとカゲキに 遊んだろかい?
   『ガリレオクラブインターナショナル』

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


┌─────────────────────┐
├◇  万華鏡ミュージアム 
http://kobekitano.com/   
                          
├◇ ガリレオクラブ 
http://galileoclub.org/    
                          
├◇ 神戸名物 
http://zenpukudo.tea-nifty.com/   
└─────────────────────┘


では、 まっ先に返事くれた森宮くん、

ブログで紹介して、いただいた谷中庵さん

http://search.goo.ne.jp/blogreader.jsp?url=http%3A%2F%2Fikken.mo-blog.jp%2Fyanakaan%2F2008%2F07%2Fpost_28bb.html&MT=%BF%C0%B8%CD%CC%BE%CA%AA&DC=10&RD=&IU=&snum=1


ま い ど お お き に !!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »