« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

最近聞いた“いい言葉”

ALL JAPAN 野球の 星野監督


国民の大きな期待を裏切り、批判にも

「ファンに期待をもたせた。

でもそれを裏切ったわけだし、

それを受けるのはオレ1人だ。

こんな幸せなことはない」とも言った。

首脳陣や選手を批判する声には、

「日本はすぐにたたきにかかる。

そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。

たたくのは時間が止まってる人間だろう」

とも言い放った。


次も野球の話と思う。

“三冠王”




石田純一 恋人作りの秘訣は“三カン王”

「素敵な恋人をつくるには、

何事にも関心、感動、感謝を忘れず

“三カン王”になることが大事」と持論を展開。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

またまたモンスターゲスト

きのうのことなんだけど



万華鏡ミュージアムで、なじみの

お客さんが お盆に熊本に帰るというので


おみやげに、もちろん 万華鏡・・・

を、たくさん選んではった時に



東京からの 女の人ふたりと

大阪らしき だんながひとりの

合わせて 3人 ご入場 



特別サービスの(いつもは、別途100円かかる) 

宇宙旅行も終わり まさに のりのり のあと



カップルじゃないほうの女の人が


ぶすっと、

  「もっと、いいのないんですか?」

  「世界一の万華鏡って書いてあるのに」

ぶつ  ぶつ と・・・・



『あの ~ ~ ~』 と、ぼく

『100円ですし、 (うんとイヤミを込めて)

5000円ぐらい払っていただけるのでしたら・・

第一 世界一なんて書いてありませんけど・・』

(本当は GOOGLE 検索 日本一)



女の人 

  「こんなんなら、どこにでもあります」



言ってくれるね~ 日ごろ気にしているのに

聞き捨てならん (こころの声)

こっちにも プライド が少しだけはある



『すみません、どこにあります?』

(プライドではなく、万華鏡)



少し考えて

  「丸の内の 丸善とか?」

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

『はあ~ 交通費考えたら100円のほうが

安いけど計算できないのかしらん』

(これもイヤミ and こころの声)



『もちろん、丸善ならあるだろうけど、

うちみたいに 500円ぐらいのから あるか?

もっと、めちゃ高いのばかりだろうし、

いちいち説明もしてくれないだろう』 と 

(ここまで、全部 こころの声)


だって、
言っても通じる相手ではないから


さらに、強く申し上げたいのは

『しかも、ぼくの話はここでしか聞けない!!』

あたりまえだけどね



女の人

  「まあ、100円分の説明は聞けたけど・・・」



なんだ、納得してるんじゃん



『であれば、お引取り下さい』



こっちも気分悪いよ、


早よ帰りやがれ、と思った。



いわゆる、開館以来最悪の客って漢字

いえ、「 感じ 」



友達のだんならしき、大阪らしき人までも

謝るどころか、うちが失礼だとか・・・

まあ、知り合いをかばわないといけない

立場があるのでしょうが・・・

それでも、この人と一緒にいたら、

みなさんグループで 評判落とすと思うけどな



ぼくは、残念ながら、こちらに非があるとは思えない



失礼なのは、そちらです



ほかにお客さんがいたし、

どう、思おうとかまわないが、声に出して、

ましてや、非難するのであれば、

責任持った意見を言ってください



世界一だとか、丸の内だとか、

何を言いたいのかわからない



オイル万華鏡がデビューした

愛知万博 4600円


うちは、もちろん、冷凍マンモスも 

ほかのパビリオンもないけれど、

それこそ たった、 100円で、

エンターテインメントしているわけでしょ

楽しくなかったら、面白くなかったら

ごめんなさい



でも、100円で 自分だけが 大そうに

得することを考えるのは止めていただきたい



ただでさえ、このブログは、



『少し、損する生き方はだめですか?』



を推奨しているのですから





こういうエゴの塊のような人間は

どこから、はびこってきたのでしょう



自分たちのことしか考えられない

モンスターペアレンツの次は

モンスター ゲスト



もし可能なら、米倉涼子さまで

誕生日が同じなんだな、ぼくも

田村正和も・・・・



『ぶすはこころがぶす』 なので、

米倉様には、もちろん やっつけるほうを・・・

是非是非是非って、漢字

いえ、『 感じ 』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »