« ホーキング博士、いよいよ賭けにでるー宇宙誕生の謎に挑むー | トップページ | 大岡裁き IN  インド (ハリー・ポッター事件簿) »

神戸からの手紙 VOL.2

┏☆。・'*:.─────────★────┓
   ┌──┐              
   │\/│ 『神戸からの手紙』    
   └──┘              
        vol.02 2008.07.11    
                     
 ┗──――★────────。.'゜*:・☆┛

おかげさまで、反響があったので、共有したいと思います。

まず、第1号 は、 東京から 森宮くん 

『長い間友達でいてくれてありがとう』

最高で 最上の 泣かせるせりふです。
 
きみなしに、ぼくの人生はありえませんでした。

「こちらこそ、本当にありがとう」
 
「ところで、行革大臣の渡辺喜美 って、あの渡辺 くん?」
 
『もちろんあの渡辺喜美は同級生ですよ。学生時代は無口な彼が、
今はテレビの取材の前でしっかり話しているのを見ると、人間とい
うのは変わり成長できるものだと思いますね。

小倉と島田はどうしているのでしょうね。?』

ぼくから 「小倉 くん 島田 くん 風の便り 頂戴!!」

彼のお薦めは、最近見た映画では 「アメリカン・ビューティー」という映画です。
1999年のアカデミー賞です。
それと、EMI の 音楽です。 昔なら レコードを と言うところ。

http://www.emimusic.jp/st/rakugo/

続いて、ご存知 谷中庵さん

http://search.goo.ne.jp/blogreader.jsp?url=http%3A%2F%2Fikken.mo-blog.jp%2Fyanakaan%2F2008%2F07%2Fpost_28bb.html&MT=%BF%C0%B8%CD%CC%BE%CA%AA&DC=10&RD=&IU=&snum=1


谷中庵さんは、文章がとてもいいです。おしゃれな文体を楽しんで下さい。
必ずといっていいほど、にこっとさせられます。プロの作法ですねえ。

また、ブログの左上にある、谷中庵読書録も見てください。
その読書量と的確な書評はとても参考になります。

そして、3人目は、伊藤くん の 「痛い」 はなし

伊丹市から自転車を飛ばして、会いに来てくれました。
 
『神戸からの手紙 もらってから、ブログも全部読ませてもらいました。』 

『朝までかかりました。それで、会わないといけないと思って、走って来ました。』
 

「寝てないの?」 『はい、寝てません』

『それで・・・』

ここで、彼は、和紙の封筒を差し出した。 

『イタミを感じる』 

「えーっつ??伊丹を感じる??」 

『痛みを感じる・・・・・痛みを感じる金額じゃないといけないと思いました。』

『自分にとって、痛みを感じる金額を入れてきました。    

  2千円札が好きなので、集めていた、新札も 入れてきました。』

ぼくには、 痛み より 重み を 感じる封筒でした。 

「飲み食いには使わないよ!!」

『いえ、飲み食いにも使ってください!!』

本物の人間に会えた気がしました。

ガリレオの活動への寄付 第1号さんです。

彼は、東京の人です。府中に家がありますが、
今は、伊丹在住で、仕事の都合で、よく東京を往復しています。

もちろん、自転車で・・・ということはないようですが、
琵琶湖ぐらいまでは、自転車で出かけていきます。

やっぱ、愛すべき 変人です。
よく、犬の散歩もしてくれます。

初めて、犬だけじゃなく、人間にも優しい人にも会えて、とても感激しました。

「痛みを感じる・・・」なかなか言えるせりふじゃないですよね。
あの若さで、・・・・「参りました」 あなたは、これからもすばらしい。

今週、わたしたちが、お会いできた賢人です。おすそ分け・・・

哲学者 の 鶴見俊輔さんからのメッセージ があります。

「国民の義務」について・・・むつかしくないので、見てください。

http://galileoclub.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_4461.html

鶴見 俊輔 つるみ しゅんすけ、1922年生まれ
上智大学名誉教授の鶴見和子は姉。鶴見直輔は弟。
『バナナと日本人』等で知られる人類学者の鶴見良行は従弟。
ベトナム戦争期は小田実(まこと)と「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)の
中心的な人物として活躍した。九条の会の呼びかけ人の1人でもある。
エピソードとして、幼少期からの膨大な既読書の内容をすべて覚えており、
それが「赤川次郎作品すべて」にまで及んでいることが判明。
他の編者たち(安野光雅、森毅、井上ひさし、池内紀)らも唖然としたという(松田
著『編集狂時代』より)。

「波浪推進船マーメイド2号」で、ハワイからの 7000KM の航海を終わったば
かりの 
ヨットの堀江謙一さんからのメッセージは

「航海中に楽しいのは、星がきれいなことではなく・・・」

http://galileoclub.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_0f8e.html

ところで、 きょうの手紙は「登檣礼(とうしょうれい)」

神戸港が開港140年を迎え、今春、2艘の帆船が、入港いたしました。

残念ながら、私は見れなかったのですが、・・・・旅立ちの時

「登檣礼(とうしょうれい)」  登りかたよ~~い

海王丸 登檣礼(とうしょうれい) in  横浜(5分)

http://jp.youtube.com/watch?v=ctyTCm5MDEE&feature=related

涙が出ます。 年のせいでしょうか? 気のせいでしょうか?
ねえ、がばいばあちゃん?

日本丸 登檣礼(とうしょうれい) in 神戸(5分)

http://jp.youtube.com/watch?v=fTtLNOgv9Fw

船つながりで・・・・
私が参加したのは 第3回 東南アジア青年の船

http://mongkol.wordpress.com:80/2006/09/09/happy-4th-sseayp-anniversary/

それでは、 ご き げ ん よ う

                     ご き げ ん よ う

                        ご き げ ん よ う       

おかげで、わたしも出稿できました。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。
  ガリレオクラブ   http://galileoclub.org/
  万華鏡ミュージアム http://kobekitano.com/
  神戸名物            http://zenpukudo.tea-nifty.com/
☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。

|

« ホーキング博士、いよいよ賭けにでるー宇宙誕生の謎に挑むー | トップページ | 大岡裁き IN  インド (ハリー・ポッター事件簿) »

ラブレター 出した もらった」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137716/42611423

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸からの手紙 VOL.2:

« ホーキング博士、いよいよ賭けにでるー宇宙誕生の謎に挑むー | トップページ | 大岡裁き IN  インド (ハリー・ポッター事件簿) »