« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

橋下(はしもと)、大阪府知事は間違っている


逆の立場に立てない人は

「死ね」とは言わないが、

少なくとも、為政者(ぎせいしゃ)に

なってはいけない。

MAX WEBER (マックス・ウエーバー) 

が言ったかどうかは、私は知らない。


私学助成金をカットしないでという高校生からのお願い


無駄な道路を作るお金があるんだったら、

自分たちへの助成をカットしないで

という子供の叫びに

『どこの道路が無駄か?』言ってください

おとなげない、と思いませんか?

橋下さん、

ただ、機嫌が悪かっただけなのでしょうか?


さらに、

『気に食わなければ、自分たちで、

いい国にすればいいじゃないですか』

ごもっともにも聞こえますが、

大人たちや、ご自分には責任がないとでも

なんと、タカピーで

弱者は死ね とでも言いたいのか?


少なくとも、むだな道路や、

建物はたくさんあるわけで、

府庁舎のWTC移転は、

あなたが言い出したのですよ

WTCが、無駄な建物だから、

有効利用しようということで・・・

これは、すばらしいアイデアなのに

道路や建物と、子供たち一人ひとりのこれからの

人生とどちらが、どうだと言いたいのですか?


ばかは、学校なんか行かないで、

我慢しろということですね

じゃ、私のようなオオバカには、死ねと言ってください。

幸い、幸いですよ。私は大阪府民ではありませんが・・・

ましてや、

『自己責任の国なんだから、いやなら出て行けばいい』 

とはどういうことですか

明らかに、超差別発言では?

「気に食わないのなら、出て行け」

恐ろしい発想です。

自分と意見の違うものを認めようとしない


気に食わないのは、あなたのほうでしょうよ

議会や教育委員会では、

つるし上げられる、立場だから、

弱者である、こどもに当り散らすのですか?

まことにおとなげない


知事いわく

『公立に行けばよかった。』

なにをいまさら

自己責任の国なんだからと言うのであれば、

じゃ、それをこそ教えてこなかった、

責任が、私たちにも あるのでは

生まれてから このかた、そう言われ続ければ、

ある程度納得もいくでしょう

イギリスのパブリックスクールのように

しかし、あなたは、ある日突然

以前からの決まりごとのように

自己責任と声高に・・・

小泉さんの真似をしただけじゃあ


成績の公開は、どうでもいいと思います

むしろしない方がいい、なぜなら

上岡龍太郎さんが、

以前、おっしゃっていましたが、

学校とは、

「知識ではなく思いやりを」

まなぶところだと・・・

そう思いませんか?


後日、中山議員の「教育委員会をぶっつぶせ」に

賛成したあたりは、まともだと思いましたが

しかし、

これはいただけない

なぜなら、私学助成金をカットして、

果たして誰が喜ぶのですか?

10メートルぐらいの、きっと利権まみれの

すばらしい道路が出来るのでしょうね


つまり、反対ですよ言いたいことが、

頭がいい人だけ学べばいいんですか

頭が悪い人こそ学ぶべきではないんでしょうか

子供たちに、『じゃ、公立行けばよかったじゃん』

って、どういうことですか


子供たちが、悲しそうに、「行けなかった」と

泣き出す子もいて・・・

ひとにはね、いろいろ事情があるのですよ

いじめにあって、中学校すら行けなかったとか、

親が、リストラにあって、助成金がないと

学校がどうしても続けられないとか

なのに一方的に、朝から、新聞配達すればいいとか・・・

社会人に一度なってから、行きなおせという人まで、

コメント言う人にも同調するばかがいますよ。


おかしくないですか?強者の理論であって

決して、すごしやすい、いい国の人の

発言ではありません。


橋下さんも、『子供として扱いませんでした』 

そして、賢いと思われるTVでコメントを言う人までもが

「子供に、はっきり面と向かって言える人が

何人いるでしょう。これだけ(1時間以上)

こどもたちと、面と向き合った橋下さんはえらい」 と


ばかか、おまえら!!


肉体的に向き合ったことを

面と向かうとは言わないのだよ

そんなこともわからないのか

面と向かうというのは

相手のことを考えるということだよ

この前提なしに

好き勝手

自分のうっぷんばらしを自分よりできの悪い、

頭の悪そうな(多分そう思っているのだろう)

しかも、わざわざ、こどもにするのは、

公権力の乱用どころか、社会的虐待だよ

こんな人間ばかりが、あたまにいるのだから

とても情けない国、日本が加速していきますね

なげかわしい


「政治」というものは、

金持ちの為にあるのではなく、

むしろ、弱者の為にこそある


「ソクラテスの弁明」より

「私は知恵があると思われている者の一人を訪ねてみる事にしたのです。(中略)仔細にその人物―特に名前をあげて言う必要もないでしょう。
それは政界の人だったのですが―その人を相手に問答しながら観察しているうちに、次のような経験をしたのです。
つまりこの人は、多くの人に知恵のある人と思われているらしく、また自分でもそう思い込んでいるようだけれども、実はそうでもないのだと、私には思われるようになったのです。
それで、私は彼にそうではないという事を説明しようと努めたのです。
その結果私は彼にもまたその場にいた多くの人々にも憎まれる事になったのです。
 しかし私は、一人になって考えたのです。彼より私のほうが知恵がある。なぜなら二人とも善や美(真理)についてよく知らないと思われるが、彼は知らないのに知っていると思っているが、私は知らないので、知らないと思っている。その点で私のほうが少し彼より知恵が優れていると思う。
また私は彼以上に知恵があると思われている者を訪ねたが、やはり同じ結果となったのです。
そして私はその者からもまたその他の多くの人々からも憎まれることになったのです。
 (中略)私には、最も名声ある人々がほとんどすべて最も智見(思慮)を欠き、尊敬されることが少ない人々のほうがむしろ智見(思慮)が優れていると思えたのです。」

出典
http://www.fruits.ne.jp/~k-style/sub3.html

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「麻生は知恵なし」 マスコミも知恵なし 鵜呑みにする私たちも、もちろん知恵なし

http://news.nifty.com/cs/item/detail/fuji-320081010205/1.htm


江田憲司衆院議員の本音ブログ
http://www.eda-k.net/chokugen/370.html

この方は元 通産省(現 経済産業省)の

官僚ですが、今のところ無所属です。



マスコミがはやし立てたのは、

所信表明後の冒頭解散でした。

ありえね~え、と思いました。

なぜ、冒頭に解散するのでしょう?

そんなことしたら、歴史上最短の首相になってしまう

参考

1947年、日本国憲法が施行されてからの短命内閣は、
羽田内閣(64日)、石橋内閣(65日)、宇野内閣(69日)などです。



麻生氏の首相就任は9/24~

やっと、首相の椅子に座れたわけだし、

勝算もなしにそんなことしたら、本当にばかですよ。

では、解散の時期はいつか?

民主の小沢代表が弱るのを待っているだけでしょう

そう言えば、インドのシン首相との会談を、

体調不良で直前にキャンセルしたのは、23日でした。



つまり、そういうことが、

病気とか、充分な体力がないとかが、

取り沙汰されるようになってから、

10日以内ではないでしょうか?



麻生氏が、毎日、ホテルのバーで

飲み歩きしているのも、

自身の健啖家ぶりを

アピールしているだけではないのでしょうか?

これでつじつまが合うというものです。



ところで、なによりほっとできるのは、

ご存知、 谷中庵日録

http://ikken.mo-blog.jp/yanakaan/2008/08/index.html

「気が済むのも困る」なんざ、言いえて妙で、ありんす。

流れるような文体です。

重い内容でも、軽口のように

ユーモア込めて書けるのは、才能でしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界へつながる 命の水

Oxfam_4
60年以上の歴史のあるオックスファムは特に「水」に力を入れて
世界100カ国以上で支援を続けてきました。
オックスファムジャパン写真展リレーでは、
インドやスーダンなど、各地で行っている緊急支援の写真を
展示いたします。

皆様、お誘い合わせの上、お越しください。
期 間 2008年10月2日(木)~2008年10月12日(日)
入場料 無料

オックスファムジャパン事務局長 米良彰子さん来場!!
10月12日(日)15:00~17:00講演会 開催!!

今年の8月末におこったインド大洪水(被災者300万人以上)の
緊急支援を例に、緊急支援ってどんなことするの? 
何が必要なの? どういった手続きするの? といった、
緊急支援の「?」に、お答えします。
また、米良さんご自身のラオス・カンボジア・インドでの経験談も
交えて、現場の生の声をお伝えいたします。
もちろん、質問はウェルカムです。

講 師 米良 彰子(オックスファムジャパン 事務局長)
1991年 株式会社デサント入社。
       神戸FMわいわいでの業務に携わる。
2003年 カンボジアにてセサミ・ストリート、
       公共広告の制作に携わる。
2005年 Brandeis University にて
       Sustainable International Development(開発学)
       で修士号取得。
       コミュニケーション・オフィサーとして
       オックスファム・ジャパンに入職。
2008年 事務局長に就任。

     こちらのフォームからご予約できます

日 時  2008年10月12日(日) 15:00~17:00
参加費  一般 1000円 学生 700円
 ガリレオクラブメンバー 500円
定 員  先着30名 (ご予約された方を優先いたします)
場 所  ガリレオクラブオフィス 1F 
 元町通り2-4-5(078-392-0833)
 JR元町駅より徒歩1分
 元町1番街、最初の路地を南京町方面へ
 入ってすぐ(つるてんそばの並び)
問合せ  ガリレオクラブインターナショナル事務局
予 約      こちらのフォームからご予約できます
 info@galileoclub.org
主 催

 ガリレオクラブインターナショナル
 オックスファムジャパン

Newmap

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »