« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

フェルメールとの往復書簡

1月13日

ありゃ、
このMAIL、7日に書いて下書きホルダーに残っていました。

改めて、お元気ですか?
正月が明けて間がないというのに、
しかも、連休だというのに、
この日曜日から、ROTTERDAMに来ています。

今から、汽車に乗って4時間、LEERというドイツの田舎町へ行き、
午後から打ち合わせの晩飯。
明日は、BREMENからFRANKFURT(?)に出て、
半日、またフランクの美術館で過ごすつもりです。
実は、昨日も、朝から打ち合わせをして、昼飯を食べて、
もう、4時間も話をしたからおしまい。ということで、
午後、AMSTERDAMに出て、国立美術館を再々々々訪。
社長が車を出してくれたので時間があり、
お隣のゴッホ・ミュージアムに、。

実は、初めて国立美術館で、
レンブラントや、フェルメールに衝撃を受けた後、
今回と同じように、ゴッホにも来ていたのですが、
その時は、1階から3階まで、100点以上、ゴッホ尽くめで、
いろいろスタイルを変え、くだらん印象派の真似までして、
自分のスタイルを追い求めているのが痛々しすぎて、
それ以降、行っていませんでした。

が、今回再訪して、前回が全部見せましょう、
これだけあるんだぜ特別展だったようで、
今回は、時代は追っているが、
んー、これぐらいは当たり前か。と、
ちょっと距離を置いて、ゆっくり楽しむことができ、
ちょっと、好きになりました。

んぢゃ。また。

旅路の
フェルメールより


返信

フェルメールさん(以後フェルさん)から、ヨーロッパの
美術館のお話を聞くに付け、やっぱ、フェルさんの お仕事は 
超一流の美術評論家がいい と思います。

すごいうれしいので、フェルさんからのメールは うちの 
唯一のスタッフの さやちゃんにも 見せてあげて、
二人で 感心しています。

すごいね~よっぽど 絵画が好きなんだね。
いいよね~ ・・・・

昔々、渋谷の 西武百貨店で、たまたま アメリカの 
アンドリュー・ワイエスを押し合いへし合いして、見てから 
アンドリュー・ワイエスが大好きになりました。

少しあとで日米学生会議で、NYにいた時に、SOHOを
うろついていると、たまたま アンドリュー・ワイエス展に
出会いました。
ほとんど人がいないので、にせものかしらん と思いながらも
押し合うことなく、ゆっくり 鑑賞できました。

別に なんということのない 日常の一瞬 
たわいのない 日常の風景の 
メジャーでない 一部分を 切り取ったような 
それでいて、 とても 細密で 写真かと 見まごうほどです。

また、彼には もうひとつ 人としての素敵な部分があり、
彼は 身体的ハンディを持つ家族と 長年にわたりお付き合いし 
また、その姉弟との 日常を 切り取って、絵にしているのです。

14年前にも本来 神戸で展覧会が催される予定だったんですが、
地震のため、急遽 名古屋に変更され 楽しみにしていた私は 
がんばって、見に行きました。 その時は「ヘルガ」シリーズ

震災後であり、なにか別の意味で 
しぼんでいる心に ローソクの火をともすように 
元気付けられた思い出があります。

長くなりましたが、フェルさんが こまごまと メールしてくれること 
とても感謝しています。

フェルさんいい人だなあ としみじみと 
さやちゃん も言って おりますよ。

ぼくも 絵も彫刻 彫刻は 荻原守衛の「女」が一番好きです。
高村光雲 「老猿」も 大好きです。

では、

ぼくはひまなので、あと 50行ぐらい 書けるのですが、
読み手に悪いので 今日はここまで

フェルメールさん
ありがとう

1月7日

元気ですか?

ご無沙汰してました。
昨年10月の欧州遠征のあと、
11月の東京湾での船上パーティー。
その前後で、最大20人の外人のアテンド。

そうしているうちの、バンジージャンプのような経済変化。
で、ご無沙汰の日本人の顧客との悪足掻きの忘年会が、
11月17日から、12月22日まで、一部週末を除き、
毎晩毎晩の宴会続き。
最後の週は、1週間に3回のゴルフ。

まあ、そうは云っても、11月には、
CAROLE KING66歳のコンサート。
は、LIVING ROOM CONCERTと名付けられ、
何度も唄った往年の名曲のヒットパレードのようなものだが、
彼女の緊張感、充実ぶりは見事なもので、
涙なくして聞けませんでした。
ファンでなくても、感動を与えてくれるでしょう。

翌日の、JACKSON BROWNEは、60歳。
今度は、反対に古いヒット曲を極力排し、
新しいアルバムの曲が中心のコンサート。
これはこれで、新鮮で、意欲満々、自信も満々。
CLAPTONのLAYLA(?)のように、コンサートで外さない、
LATE FOR THE SKYが聞けなくても大満足。

で、最後は、12月恒例の老音主催の高石ともやは、67歳。
来年は、そのCLAPTONが2月、3月は、RODと
おじさんコンサートは続き、、、、。
と、


正月は、母親がこちらに来たので、
奇跡のような天気の良さの鎌倉の正月を満喫。
私は、昨年の疲れを取るべく、
ゆっくり休養することができました。

で、早速、11日から、オランダとドイツを駆け足で出張。
なんとか、ベルリンで一日と思ったのですが、
後の予定があり、フランクフルトで、半日。
シュテーデル美術館に行ってきます。

今年は、大変な年になりそうですが、
だめな時はだめなのだから、
体力温存、ぼちぼち乗り切りましょう。

また、遊びに行くのを楽しみにしています。

取り急ぎ、
ご無沙汰のお詫びと、新年のご挨拶まで。

音楽も命の
フェルメールより

それと、私は垂水の出身です。


返信

日本の政局で、本日 渡辺元行革大臣が、離党とか?
それに、評論家各氏が、 
計算ミスとか、誰もついて来ないとか、
選挙まで まだ時間があるのに つまり 麻生さんが 
4月解散も否定したとか
 
その中で、補正予算 は、
本日 衆院通過させるとか・・・再可決をねらうため

それで、政治と言うのは 計算と選挙と大臣の椅子 
しかなくて、国民は関係ないようです。

私は わけあって、渡辺君が好きです。
それこそ、国民のことを考えているであろう彼が好きです。
彼にこそ、総理になって欲しいぐらいですが、
残念なのは、彼も 政治家2世 です。

フェルさんには 美術評論家になって欲しいです。
その審美眼は、右に出るものがいないようですから・・・

日本も ちょっと寒くなってきました。
ご旅行の ご無事をお祈りします。

神戸名物  拝

10月17日

60歳近い男をつかまえて、「いい人だわ。」は、
褒め言葉にはならないぜ。

万華鏡 ブームになるかどうか???
結構、私のアンテナに引っかかったものは、
メジャーになってるので、、?
楽しみにしていてください。
いや、違うか。
局地的な、一点突破、勝負にこだわった人生ではなかったので、
偏っているかも知れんな。
逆に、マイナーで終わりそうな、、、。

でも、ここ数年のいろいろなことは、先取りできているので、
ひょっとしてブームになるかもしれません。 
期待していてください。

と、書いていたら、デンマークの船会社役員の奥さんからの
MAILが入りましたので、転送させていただきます。

Thank you so very much for the kaleidoscope, it is very beautiful. I have not seen one since I was a child.
The children were absolutely fascinated by it and think it is very beautiful, it also relates to shipping with the maps and charts.

船の万華鏡ないのは残念ですが、
柄が航海日誌とは、上手く逃げましたね。
悪くないですね。

来週の月曜日にお伺いします。

よろしく。

指を詰めなくてよかったですね。、、、、、鼻に。

返信

きょうは、天気がいいにもかかわらず、
ひまなので、即返信いたします。

いや、もったいつけて、
あと2時間後に送信しようかとも思ったのですが、
そのほうが面倒くさいので・・・

あれ、フェルさんも、ひょっとして、ひま??

冗談ですよ。
もちろん、いいひとだから、人を大切にする人だから・・・
わかっていますよ。

それはともかく、英文のメールありがとうございます。

あ~喜んでもらったんだ。よかった、と思いました。
見てくれたら、みんな喜んでくれるのですが、
なかなか、見もしてくれなくて・・・

いっそ、法律で月1回は 万華鏡見ることと
決めてくれればいいのだけれど・・
いえ、見なくてもいいので、
全国民は月に1こ買うことにしてもらえれば・・・
ちょっと、待ってください。
1個 1000円として、かける1000000・・・ 
はい、あきらめます。
金持ちになると、万華鏡見る余裕がなくなりそうですから・・・・

外国からのメール見せてくれて、ありがとうございました。

やっぱり、フェルちゃんは、本当にいい人です。

神戸より
敬意を込めまして

神戸名物   拝  はいはい

同日 
追加返信

えらいことです。
今しがた、お知り合いの 万華鏡ファンにして、
ジャズボーカリストの 中大路 恵美子 さんが、
今度のライブ(11月1日土曜 元町)の 
ポスター 貼ってということで、 来られたのです。

それで、調子に乗って、まあ、万華鏡つながりで、
こんな面白い人いるよと、フェルさんのこと、お伝えしたら・・・・
実家の前の人が この字 だったの?
このむずかし字 と言うのですが?
ちなみに 住所は 東灘区OOOOOO だそうです。

ビンゴなら、お知らせください。 すごいもん
NOT ビンゴならこのままで・・・

中大路さん(旧姓は知りません)も、とてもいい人ですよ。
障害児元気づけたり、いけばなインターナショナルやったり、

今日知りましたが、私と誕生日が一日違いの7/31日でした。

中大路さんの HPは http://wearefffamily.fam.cx/

ビンゴなら、 1000円以上 宝くじ 買いに行きます。

10月13日

5日からのヨーロッパ出張をなんとか終えて、
12日に関空にたどり着き、神戸の実家で用事を済ませ、
13日の夜遅く、鎌倉に帰りました。

コペンハーゲンで2泊、車で南下、ハンブルグ、
ブレーメンを経由してレアという小さな田舎街で、2泊、
こんどは、汽車に乗ってオランダに入り、
ロッテルダムで、2泊。この全てが、8人から、250人、
450人のパーティーの連続。

何時も、早めに退席するのですが、それでも、
ベッドに着くのは、夜中過ぎ。
それでも、4時には起きて仕事。
そんな中でも、コペンでは、ヒアシスプルング、王立美術館、
ロッテでは、ロッテの美術館、
大好きなハーグのマウリッツを5度目の訪問。
と、更に自分で忙しくしているのですが、、、。
クロイヤー、アンカー、ハンマースホイ、ブリューゲル、
もちろん、レンブラント、ステーン、ファブリティウス、
でホーホ、メツー、、、、それに、フェルメール。
と、、、、。

おかげさまで、お土産は、どこでも大好評でした。
ありがとうございました。

ただ、申し訳ないですが、やはり、船でなければということで、
日本のパーティーのお土産には選ばれませんでした。
いろいろ、お骨折りいただきましたが、残念です。

また、これからも、楽しいものを見せてください。

取り急ぎ、御礼と、ご報告まで。

忙しすぎの
フェルメールより

返信

フェルメール  さま

おかえりなさい。おつかれさまでした。

まさに、昨日も、スタッフと うわさ話していました。
フェルさんに、テレパシー があるのかなあ、と思いました。

長いメールありがとうございます。
フェルさんの人柄を表していますね。

聞いたこともない名前に、ヒアシスプルング、
ハーグのマウリッツ、クロイヤー、アンカー、ハンマースホイ、
ステーン、ファブリティウス、ホーホ、メツー  
わーっつ、聞いたことのない名前ばかりで、
わーっつ 全部調べてみようと思いました。 
すごいすごい楽しみです。

コペンハーゲンは、仕事で、といっても、病院関係の、で、
一度行ったことがあります。
そのあと、フェリーでスウェーデンへ

ああ、神戸にいて、なんか、うきうき ヨーロッパ気分
ありがとうございます。

みればわかるけど、ほんと、フェルさんは、いい人だわ。
すごくうれしい気分です。

ところで、万華鏡、
いえ、いえ、夢を見せていただいてこちらこそ
ありがとうございました。

12月から、NHK教育 で、万華鏡教室が 始まります。
1月までですが、うちもちょっと噛みなので、
ブームが来ないかなあ???
来たらいいな。

下の ガリレオクラブ が、本職なので、
また、見てやってください。
それと、不定期で、「神戸からの手紙」 と言う 
メール出しているので、そっちも、見てください。

さっそく、今晩 第一号 お送りします。

いつでも、また、お越しください。

からだが資本ですよ。くれぐれも

では、ほんとうにありがとう

ガリレオクラブ     http://galileoclub.org/

9月10日

こちらこそ、お世話様でした。

先週は、大阪、松山、神戸を客回りで
当日も、朝からの打ち合わせが延び、
せまった昼飯のアポとの間でお邪魔しましたので、
あせっており、本性がばれてしまいました。

失礼しました。

今週は、上海に飛び、友人にプレゼントしたところ、
大変驚き、喜んでくれました。

ところで、船のはありませんか?

船の大好きな
フェルメールより



長々と ありがとうございました。

ところで 何故 ゴッホさんじゃないのかって、

だって、そりゃあ、フェルメール だから。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なめんなよ!!厚労省

「年越し派遣村」のメンバー約250名が、

厚労省の講堂で、寝泊りできるのも、

今日までだそうだ。

なぜなら、明日から お役人様が、仕事始めだから・・・・

邪魔にならないように追い出すそうだ。


さてさて、厚労省というのは、

困っている人の救護・援護をするところではなかったのか?


ばかども、なにをたわけたことを!!!

彼らの面倒を見ることこそ君たちの仕事なんだよ。


それを、うじ虫を扱うごとく対応しようとしているのは、なぜなのか?


やっぱり、賢い人は いい学校行って、いい会社

(この場合、高級公務員)に入って、

いい老後を送るんでしょうよ 

(天下り最低3つぐらいして)


こういう人たちばかりだから、

「下々しもじも」(麻生用語)がわかっちゃいない。


彼らを、追い出すのではなく、

自分たちと同じ庁舎に居てもらえよ

そうしてでも、君たちには、人の痛みや、

寒さや、情けなさがわかるはずがない。


だって、おりこうさんだものね。

でも、そういう人の立場に立てない人が、

本当に、おりこうさんだろうか?


僕は、ばか だから、ほっとけない。

明日はわが身だから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »