« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

師匠を持つことの意味

師とは、
人生の長いトンネルの向こうで、
懐中電灯で、出口はこちらだよと、
照らしてくれるようなもの

歩くのは、あくまでも自分自身です
師が、手を取って
歩かせてくれるわけではありません。

師がいないと、真っ暗な闇の中で、
右往左往しながら、
あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、
まれに、大きな穴ぼこに落ちてしまって
・・・・・取り返しがつかないことも

師が、見つかり
運よく、弟子になれたら、
まず真似をすることです。

できるだけ、完璧に

自分のオリジナルをするのは、
まず、完璧に型を覚えてからです。

真似を続けることで、
本物になれるからです。


師がいない人は、
気の毒です。

人生を無駄に、遠回りしますし、
真実に近づけるかどうか
疑問が残ります。


所詮、私たちは、無人島で
生きているわけではありません

だからこそ、師を求めるということは
当たり前のことなのです。


近道ができるだけではなく、
道を踏み外さずにすむという
大きなご利益(ごりやく)があります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »