カテゴリー「われ思う、故にわれあるはず」の5件の記事

寝たきりですが、なにか?

8月23日、東北のプロジェクトから帰ってきて以来

3週間、寝たきりです。

この3週間は、1メートルも歩けませんでした。

うそみたいに、歩けませんでした。

痛くて、痛くて、痛くて、歩けませんでした。

10日ほど前に、車椅子が来ました。

それからは、針に行くようになりました。

鍼灸というやつですね。お灸もしています。

そして、少しずつ、快方に向かいつつありますが、

まだまだ、先は長いようです。

車椅子になって気がついたことが、たくさんあります。

いいことも、悪いことも・・・・

残念ながら、とても、

いい世の中とは思えないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国民がバカなのだ!!

1党独裁がいいか、

国民には考える義務がある。

 

政治家がバカなのは、

国民がバカだからに過ぎない。

鶴見俊輔さん曰く、

国民の義務とは、

国がおかしなことをやっているときに

「なにやっとんねん!!」 と、

声を上げることにこそある。

世界が迷惑している原発爆発の後で

性懲りもなく、原発を再稼働

輸出も画策

とても、

未来の子どもたちのことを

考えているとは思えない。

今は、反対政党が好きか、嫌いかではなく、

1党独裁を防ぐためには、どうすればよいかをこそ、

考えるべきである。

 

後年、多くの日本人が後悔しないために

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際協力機構 JICAさま

JICA さま

最近は、HPともども、当ブログに、しばしば、
ご訪問いただき、ありがとうございます。

東京の JICA地球ひろばで、

講演させていただいている関係でしょうから、

励みになります。


できれば、コメントの一つもいただければ、
幸いです。


では、またのご訪問

お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本龍馬の閉塞感

坂本龍馬は、さぞ痛快だったろう、

NHKや「仁」を見ている誰もが 

間違いなくそう思うだろう



さて、本当にそうだろうか?

幕末、今となってわかる言葉だが、

実際、幕末にならなかった可能性も否定できない

少なくとも、龍馬が生きているうちには・・・・・



さて、どんな時代だったのだろう

265年続いた、江戸幕府が相手なのだ

いや、

酒と女と詩を愛し、

自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した

土佐藩 山内容堂侯も決して味方とは言えないし

薩摩の 西郷隆盛も、血気盛んに、

どう転ぶかわからんし、

それこそ、さいごのさいごうに

無血開城で、手を打つかどうか?



長州藩に至っては、

高杉晋作とは、仲良しみたいだが、

さりとて、藩内には、不穏な分子もいるわけで、

しょっちゅう、藩内で、主導権争いがあり

綱渡り、つなわたり

師匠 勝海舟にしたところで、所詮幕府に、

雇われていたわけで、首になったり、

一時は、奥の手として、江戸の町に火を放つ、と

一か八かの勝負に・・・・・



朝廷も、ハッキリせず

同郷の中岡慎太郎とも、腹を割って話せず

第15代将軍 徳川慶喜が、やすやすと

大政奉還に、合意するとも思えない。



イギリス・フランス・オランダ・アメリカなどの、

列強も、また、虎視眈々と、日本を狙っていた



そういう、とてつもない閉塞感が、

充満していたのではないでしょうか?

つまり、決して楽な状況ではなかった

閉塞感という意味では、はるかに今以上では・・・



しかし、その中でこそ、龍馬は生きたのです



生き生きと



私たちも、悲観ばかりする必要はない



大丈夫です



坂本龍馬と同じDNAが、私たち子々孫々にも、

綿々と受け継がれて、脈々と流れているのです。

これは、私の師匠 

中澤弘幸さんが 昨今おっしゃっていることです



みなさん、自民党になれば、また、原発ですよ

利権、リケン、と わかめちゃんじゃあるまいし

その意味では、菅さんに

反原発法案(自然エネルギー促進法関連)だけは

通して欲しい



私は、久米三四郎さんを、尊敬していますから

http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090201000965.html

久米さんに、お会いした時、

綾部から奥の過疎の村にお住まいでした

原発(高浜・大飯 福井県)から約30kmのところで、

どうしてですかと伺うと、

原発に何かあったら、すぐ駆けつけるんや。

わしが、動いたら、マスコミがついて来る。

マスコミがついて来たら、みんなに

本当の原発の恐ろしさが伝えられる。

反原発をいうものだから、昭和25年から

ずーっと講師のままでしたね。

約40年、一生、阪大講師のままでした

その代わり、反原発の講演会は1000回以上され、

私たちを導いてくださいました

反原発の坂本龍馬でした。すばらしい方でした



昔の菅さんはすごかった

市川房枝さんを担ぎ出した頃は素敵だった

菅さん がんばれ

仕事を がんばれ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

震災ボランティア募集中 たった3つのこと

たった3つのこと

資格とか、技術の問題ではなく


10年やれる人、募集

こころを寄せられる人募集

こころを込められる人募集


たった、これだけです。

ご連絡下さい。

ガリレオクラブインターナショナルです。

http://galileoclub.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)