カテゴリー「落語みたい ヘンなの?」の6件の記事

きのう 星野さんから 電話がありました

朝 または朝方でしょう 突然 ケータイが鳴りました


タララタ ラッタッタ タララララララララ~

ラララララララララ ララララララタララ~

                      (サマー 菊次郎の夏より)


ケータイだったので 名前を確認しました
はっきり 星野 とでています。


「もしもし、星野さん?」

「はい、おはよ~~~」

「星野さん げんき?」

「うん、かたちは ちがうけど げんき」


後はたわいのない会話 
切ってから気がつきました

『電話が かかってくるはずがない』

それで オリデン(折り返しかける) してみました


「はい、神戸名物さん」

「あっつ、やっぱり 星野さん」

「あの、ひとつだけ 聞き忘れてたんやけど

星野さんは 何で  旧かなづかいを 使うの?」


「だって、
誰かが使わんと

            みんな忘れるやろ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺産として5億円もらえるらしい

Hope you receive this message!!!

On behalf of the Trustees and Executor of the estate of Late Michael Jackson. I once again try to notify you as my earlier letter were returned undelivered. I wish to notify you that late King of Pop. Michael Jackson made you a beneficiary to his WILL. He left the sum of Five Million, Dollars (USD$5,000.000.00) to you in the Codicil and last testament to his WILL. This may sound strange and unbelievable to you, but it is real and true. Being widely entertainer, he must have been in contact with you in the past or simply you were nominated to him by one of his numerous fans abroad who wished you good. Late Michael Joseph Jackson until his death was a member "MJFC" The Michael Jackson Fan Club and the Institute of entertainer. Please if I reach you as I am hopeful, endeavor to get back to me as soon as possible to enable me conclude my job. You are advice to contact me with my personal email: bajohnhkblamca@live.ko.uk

Await your prompt response.43
Yours in Service,
BALISTAR John Blamca BBQ.

つまり あの マイケルジャクソンから ぼくに

5億円の遺産がもらえるらしいので、みなさんに おすそわけ

まず、私の口座に手数料100万円ほど、お振込みください

もれなく、おすそ分けの 3億円ほど・・・・・

みなさん だまされないでね

突然入ってきたメールを、全文をそのまま掲載したので、
メルアドと担当者の名前は、いじって変えてあります。
無駄な抵抗しないでね。犠牲者を出したくないので・・・・

悪しからず・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヌフルエンザ???

_8145 

神戸では 新型がはやっているそうだ

犬にも 大勢 いや 犬勢 集まるところでは 

マスクが義務付けられている。

犬迷惑で 大迷惑な 人間のさる智恵だが、

マスクは 犬にも 人間にも役にたちそうもない


メルマガ ガリレオ通信 を よく発行しております

希望の方は ご連絡ください。無料です。

info@galileoclub.org

七味味違う 少しだけ ばかになれる・・・・・・・はず

| | コメント (2) | トラックバック (0)

弟子選考会生中継

11月7日 一身腐乱 を見てからどうぞ


人生亭落ち女(じんせいていおちめ)に応募があった。 え~えっ うそー???
ただ、大丈夫かしら???あれって、しゃれだったんだけど・・・
まあ、いいや、以下が、提出書類です。



今までまったく縁のなかった落語の世界をひょんなことから知った
若い女がひとり

「ねぇねぇ、あんた落語って知ってるかい」

「落語?あぁ知っているよ。一人で座布団の上に座って扇子やら手ぬぐいやらを使って、何人もの役をこなしながら話をする、あれだろ」

「そうそう、あんた私より詳しいねぇ。寄席ってのに行ったことが
あるのかい」
「そんなのいかなくったって、いまどきインターネットで調べりゃ
そんくらいのこたぁわかるよ」

「なるほど、なるほど。で、調べたっていうんなら興味があるんだよね。
なな、今度一緒に寄席に行かないかい?」

「寄席?寄席に行くのはよせってなもんで、まずはインターネットで
調べてみたらどうだい」

そこで若い女はインターネットで調べてみると、便利な世の中になったもので、寄席に行かずとも無料で落語が聴けたり見たりできるとのこと。

行く手間もお金もかからないってんで、早速ダウンロードして聞いてみる。
これはなかなか面白い、と思っていた矢先にとあるblogで「弟子募集」の文字が目に飛び込んだ。

ふむふむこりゃ何かの思し召しとばかりに、早速師匠に連絡をとってみる。

「おぉ。お前が弟子入り希望か」

「そうでし」

「丁度、女弟子が一人ほしかったんだ。名前は、もう、決まっていてな、
『人生亭落ち女(おちめ)』っていうんだ。どうだ」

「へへぇ。そりゃ私にぴったりの名前で。」

「そうかそうか、よしお前を弟子にしてやる。ところでお前、どうして落語に興味を持ったんだ」

と師匠に問われたので、『えー、今までまったく縁のなかった落語の世界をひょんなことから知った若い女が一人・・・』と話し始めた。

師匠はうんうん、とうなずいて聞いているうちに、女の話は終わってしまった。
「何だ。もう終わりか。お前、その話の落ちは何だ」
「落ちですか」
「そうだ。落語をやろうってんだから、何か一つ落ちでも作ったらどうだ」
「どうだ、といわれましても師匠、それは無理ですよ」
「なぜだ」
「私の名前は『おちねぇ』ですから」

弟子枠、まだ空いていますか?

http://www.podcastjuice.jp/rakugo/




人生亭落伍者(師匠)より、とんでもない応募者の方へ

合格 合格 大合格

あなた様に、「本家 人生亭落ち女」 を拝命(名)する。
うやうやしく、にぎにぎしく、わくわくしく、どきどきしく、享け賜るように。
もし、不満なら、肩書きに、

元祖、家元、本店、かまどや、オリジナルより、好きなのつけていいよ。
それでもだめなら、

大統領、社長、隊長、ボス、組長、総理、ナイハ~ン、チャングムよりお選び下さい。
囲碁、いえ以後も、精進するように。

老婆ではないが、老婆心で言うのだが、パスポートの名前は、
多分変えない方がいい。
怪しまれる可能性が、限りなく高い。

それと、外務省まで巻き込むと、話がややこしくなりかねない。
「人生亭落ち女」を、英訳する自信がない。誰か、やって?よしんば、

「JINSEITEIOCHIME」では、なんとなく、名刺が、読みずらそう。

うふっ・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳沢 道寛さん

リンク: 報道写真家から:【シティ・オブ・ゴッド】. ブラジル ファべーラの物語

ブラジル・サンパウロで15年住んでいた道寛さん(3日の、酒井老師の弟子)が、よく言っていた。子どもがよく殺されるんだ、と。

      

子どもが追われて逃げまどうだろ

教会へ逃げ込もうとすると、ドアを閉められちゃうんだ

そして、その扉の前で、次々に、撃ち殺されるんだ。

子どもとは、ストリートチルドレンのことです。にわかに信じられないので、道寛和尚による、反キリスト教キャンペーンかと、思ったほどでした。でも今日、中司さんの記事を見て、本当だったんだと再確認しました。

道寛さん、いきどおっていたんですよ、すごく。
だって、私服の警官が殺すんですよ。そういえば、映画「CENTRAL STATION」にも、似たような場面ありました。駅でつかまりかけた子どもを、かばう場面。

道寛さんが言いたかったのは、その時こそ「教会は、とびらを開き、いのちを救わないといけない」のに、宗教が、機能していない、と。

キリスト教のみの問題ではなく、仏教を含む多くの宗教が、あるべき姿にない、と。

そう思った彼は、単身ブラジルにのり込み、仏教の布教活動にはいるのだが、続きは、また今度、リクエストがあれば・・・

ところで、まず、中司さんの体験から、知ることをしましょう。

知らないことは、ただの無知ですが、知ろうとしないのは、罪(SIN)だと思います。他の人と協調しなくてもいいけど、シェアできないのは病気だと思います。

ぼくは、協調するのは、きらいだけど、シェアするのは、人としての倫理だと思っています。

シェアの基本も、また先ず聞くことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田くん~ざぶとん1枚!!

リンク: Johannes Blog (JDBV) | 世界輪ゴム博2006.

写真がきれいです。

朝、浜村 淳さんが西川きよしサンから聞いた話として、「あほの阪田さん」の話をされていました。

「さいきん、あつなったなぁ」

「6がつでこんなに、あついんやったら、12がつは、たいへんやで。」

阪田さんのオリジナルだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)